不況に負けてない|ドンキやタクシードライバーの求人で自分にぴったりの場所を探そう
男女

ドンキやタクシードライバーの求人で自分にぴったりの場所を探そう

不況に負けてない

男女

ドライバーがお勧めのワケとは

不況といわれてきましたが、雇用環境が急激に回復しています。求人数が増えているのは大手企業。内定率はバブル期並みと、大手企業だけをみると雇用は改善しているようにみえます。しかしもともと求人数が少なかったわけではなく、中小企業に限れば雇用環境は決して悪くありませんでした。景気が良くも悪くもタクシー運転手の求人はいつの時代も多くありました。よく若者が職がないと嘆きを見せますが、タクシー運転手の雇用は豊富にあります。昔はタクシー運転手になる20代や30代の若者は多くいました。ところが近年は運転手を募集を大量にかけていても若い人がなかなか振り向いてくれません。募集に来るのは50歳を超えた人たちです。少し偏りがあるようです。

就職してみたら天職という

年配者にも雇用を提供できるというタクシー業界はとても素晴らしいと思います。しかしながらタクシー会社の本音は、若い人たちにも就職してほしいと願っているはずです。やはり次世代を担う若者にこそ運転手になってほしいと願うのは当たり前のことです。でも実態はなかなか集まらず苦労しているということです。もう少しタクシー運転手の魅力をアピールすることから始めて方がいいのかもしれません。また、合同就職説明会などでドライバーの仕事のやりがいを訴えることも必要と思われます。何もしないで待っていても状況は変わらず人出は集まらないでしょう。若者に訴えることで少しでも求人数が増えるかもしれません。現役運転手に話を聞くと天職と語る方が多くいることに気がつきます。